カテゴリー別アーカイブ: リビング

先人の知恵を生かしたテント – 土間とティピー

キャンプの楽しみのひとつに、他の人が使っているテントを見るというのがあります。
メーカー、大きさ、重量、設営の難易度、色、間取り、そしてデザイン。
テントの話題が、旅人同士の会話のきっかけになることも珍しくありません。

そうそう買い換えるものではないのですが、「次はこんなのがいいな」と
あれこれ想像を膨らませるのが楽しい。

写真はアメリカの先住民が使用するティピーという、いわば移動用住居。
これに似た形のテントもときどき見かけますね。
数本の柱と天幕用の布さえあれば簡単に設営でき、天井が高いので
居住空間は広々としていて快適そうです。

先人の知恵を、アウトドアにも生かすというのはいい発想です。

今年お目にかかったテントでユニークだなと思ったのは、
アライテントという日本のメーカーが作った「ドマドーム」というテント。ドマ、すなわち日本古来の土間をイメージして設計されているんです。

ちょっと覗かせてもらいましたが、テラスと呼びたくなるような広い前室には、
履き物やリュックはもちろん、いろいろな物が置けたり、
ちょっとした料理もできちゃいそうな感じでした。

日本古来の建築様式ですから、きっと日本の気候風土にもマッチして、
新しいのにどこか懐かしい感じがするかもしれません。

ちなみにこのメーカーには「カヤライズ」という製品もあります。
すべてメッシュ素材で作られた夏用のテントで、
もちろん「蚊帳」からヒントを得たに違いありません。

アライテント ドマドームライト

季節はずれの大掃除 – 重曹を使ったキッチンのそうじ

最近は休日のたびに大掃除をしています。
大掃除というと、たいてい年末にまとめてやるというイメージですが、
年末はけっこういろいろと忙しいですし、
それに、特に水周りの掃除をするには寒すぎるんですよね。

というわけでまだ水仕事もそれほどつらくないこの時期に、
少しずつ、だいたい1日に1部屋と決めて掃除をしています。
今やっておけば年末はちょいちょいとやるだけでいいですし。

1日に1部屋ずつといいましたが、さすがにキッチンは2日かかりました。
特に換気扇。

日頃からマメに手入れをしておけば、
それほど苦労するものでもないのはわかっているんですが、
どうしても先延ばしになってしまい、その結果、
油まみれの換気扇と対峙しなくてはならないのです。

しかし、今年は重曹を使って、わりとお手軽にキレイになりました。
やり方は簡単!

  1. 換気扇の汚れたところに重曹を粉のままパラパラ振りかける
  2. しばらくそのまま放置(30分くらい)してから、古い歯ブラシでこする。すると油が固まってポロポロ落ちてくる
  3. それでも落ちない汚れは、重曹を水でとかしてペースト状にしてものを塗り、しばらく待ってから古歯ブラシなどでこする

たいていの汚れはこれでキレイに落ちてしまいます。化学洗剤を使わないので、手も荒れないし、なにより環境にもやさしい掃除方法だと思います。

重曹はキッチン周りの掃除だけでなく、洗濯にも消臭剤としても使えて、便利です。
重曹の人気商品はこちらから

台風の日に – 夏の名残りを感じられるチェスト

 

ほんの2日前まで真夏のような暑さだったのに、
急に涼しくなって、台風がやってきました。

しつこく続く暑さに参っていたのですが、勝手なもので、
今度はちょっと息が止まりそうに暑い夏の日が恋しいような気がしてきました。
毎年夏の終わりにはセンチメンタルな気分になるものですが、
今年は格別な思いがします。

こんな風に、楽しかった夏の思い出にいつでも浸れるような家具があったらいいですね。
潮の香りが漂ってきそうです。

ライブラリー

ひとの部屋に入って、まず気になるのがそこに並んでいる本たち。

ライブラリーとは、その人自身を表しているといっても過言ではないから。

どんなことに興味があるのか、普段なにを考えているのか。

こういう写真を前にすると、ついつい覗きこんでしまう。