カテゴリー別アーカイブ: デザイン

個性的なクラシック・カー – エドセル・ステーション・ワゴン

1950年代の自動車の広告です。
家族みんなが乗って楽しい。そしてスタイリッシュ。
当時のアメリカ中流家庭の、典型的な「幸せ」の理想の情景がそこには描かれています。

ただし、主役の車はあまり見たことのない形。
特にそのフロントグリルは独特の顔立ち。
クラシック・カーには詳しくないので調べてみると、フォードが1958年に発売した「エドセル」というブランドだそうです。

1950年代、フォードは戦後初の本格的な新型車を立て続けに世に送りヒットさせたほか、1955年には名車サンダーバードをヒットさせ、次いで1958年に他社と対抗する意欲的な中級車ブランド「エドセル」を発売した。しかし、亡き社長の名を継いで「エドセル」と名付けられた新ブランドは、折からの不況とマーケティングの失敗などのため自動車業界史上記録的な大失敗に終わり、1959年11月に生産中止となり姿を消す。(Wikipediaより)

ヘンリー・フォードの息子として、また後継者として、将来を嘱望されつつ若くして亡くなったエドセル・フォードのちなんで名づけられたその車は、わずかに12万台ほどを生産されただけでその役割を終えたようです。

そうやって歴史を知ってから改めてこの広告イラストを眺めてみると、なるほど個性的なルックスで時代に合わず短命に終わったのも分かる気がしますが、いまの時代だと意外におしゃれな感じがします。

時代にマッチしてもてはやされるものと、その時代には認められなかったけれどもその後長い間愛され続けるもの。もしそれを人間に置き換えて考えてみるとどっちの生き方がいいかな、などと思考がどんどん逸れていってしまいました。

手作りの秋 – トールペイントのハンドバッグ

行楽の秋、食欲の秋、読書の秋。
秋はいろいろなことに挑戦したくなる季節のようですが、
秋の夜長はハンドメイドを楽しむのにもぴったりです。

写真の白木のバッグはトールペイントが施されたもの。
トールペイントの「トール」は、フランス語で「薄いブリキ板」を表す言葉。
現在では木材や陶器、ガラス、布などさまざまな素材に描かれているそうです。

ちょっとしたイラストを描きいれるだけで、世界にひとつの作品ができあがる。
手作りにはそうした喜びがありますね。

こうした素朴でカラフルな作品を見ていると、
なんだか自分でもやってみたくなりました。

はじめて描くトールペイント

りんごケース

かぎ針編みのリンゴ入れ!?

ちょっとしたアイデアで、いつも見慣れた食べ物が

特別オシャレなオブジェに見えてきます。

このアイデアに触発されて、私も昨日は携帯電話のケースを編みました。

新鮮な発想と、少しのテクニックがあれば、生活の楽しさを1本の糸から編み出せる、

編み物ってそんな魔法を秘めていると思います。

ダイヤモンド・ライト

大震災をきっかけに、かつてないほど節電が注目されています。

生活に欠かせない電気。思えば、これまで当たり前のように使っていたかもしれません。

貴重な電気の明かりをダイヤモンド形のカバーで覆って、ちょっとおめかし。

生活を彩るアートとしてはもちろん、資源を大切にしようというメッセージも感じられますね。